土地を少しでも高く売るなら土壌汚染調査を専門業者に頼もう

調査で分かること

工事現場

土壌汚染は調査や対策など様々なことを行なった上で施される。いったいどのような流れで土壌汚染調査は行われるのか。土壌汚染調査でまず行われるのは地歴の調査である。調査対象物質の特定を行なうことが主な目的となっている。そして同時に土壌汚染のリスク区分を実施することが目的となっている。この調査を行なう際には、過去の資料を確認しながらの情報収集と、関係者からの聞き取り、更に実際に土地に足を運んで確認を行う。次に、特定有害物質の種類を特定する作業に移る。地歴調査をした結果から、土壌汚染リスクが高いとされる有害物質を特定していくのだ。3番目に、土壌汚染のリスクを分類し、試料採取実施区画選定を行ない、リスク分類に基づいて採取する密度を決定していく。その種類は3つあるが、1つ目はリスクなしの区分土地であり、試料の採取はしない。2つ目はリスク少の土地で、30m格子で採取実施を行う。3番目はリスクが比較的多い土地で、10m格子で進めていき、最後に土壌試料測定を行い確認をするのだ。第一種特定有害物質であれば地表からおよそ1m範囲の土壌ガスを採取、濃度を測定、高濃度地点で土壌採取を実施し、その溶出量を評価する。第二種特定有害物質は地表からおよそ50m範囲内での土壌採取、溶出量と含有量測定を実施し、第三種特定有害物質も第二種同様だが、溶出量のみを測定する。以上の測定から判定を行い、溶出量か含有量の基準超過が認められれば土壌汚染土地と判断する。この様に土壌汚染調査にはいくつかの実施項目がある。その土地が汚染されているかどうかはこの土壌汚染調査を行うことで明らかとなるのである。