土地を少しでも高く売るなら土壌汚染調査を専門業者に頼もう

自主的に調査を行う利点

作業者

調査結果の活用

土地を持っている人で、今後活用を考えるのであれば、土壌汚染調査をしておくことがおすすめです。土地には、義務調査が必要な場合とそうでない場合があります。しかし土地を売買した後に土壌汚染トラブルが発生する場合もあるために、義務調査が必要でない土地でも、自主調査をしておく必要性が高まっているのです。最近は、土地の売買が成立した後に土壌汚染がわかった場合、土地の売主に浄化費用を請求したり、土地売買そのものが破棄されることもあります。自主調査をしておくことで、これらの土地トラブルを回避することが出来ます。また、自主的な土壌汚染調査によって汚染が確認された場合でも、時間に余裕をもって、地主の意向で浄化作業を行うことが出来、費用負担を軽減することが可能になります。近年、土壌汚染対策法が施行され、それによって不動産の鑑定評価基準も改正されました。ただし、土壌汚染調査を正しく行うことで、土地の市場価値が上がることにもつながります。特に、海外企業が出資する不動産投資の場合、こうした土壌汚染調査の有無は重要視されています。自主的に調査を行うことは、自らの資産価値を上げる事への第一歩となるのです。また、既存の住宅においても土壌汚染調査をするメリットはあります。たとえその土地は全く問題のない場合でも、盛り土することによって汚染される場合もあります。その場合、汚染土を撤去するのではなく、現状のままでも、地下水を飲まない、作物等の栽培をしないなどの健康被害が及ばない対策を講じる事を周辺に知らせることが出来る場合もあります。土壌汚染調査の広がりは、浄化そのものを目指すだけでなく、正しい土地評価を行う判断基準ともなるのです。