土地を少しでも高く売るなら土壌汚染調査を専門業者に頼もう

土地を売却するときは

地盤調査

選定のポイント

自分の所有している土地を売却する際は、しっかりと土壌汚染調査をしてから売買に臨むことが大切です。その土地がどのような土壌かを把握しておくと売買の際に売り主に情報をはっきりと示せるので、売却後のトラブルを回避できます。土壌汚染調査は専門の会社に依頼するのですが、信頼のおける会社を選ぶことが重要です。ですので、調査実績の多い経験を積んだ会社を選ぶといいでしょう。土壌汚染調査を数多くこなしていることは、それだけ社会からの評価が高いと言えます。調査の経験を積んでいるので、しっかりとした調査をしてもらえます。実績があるかどうかは、土壌汚染調査会社のホームページを見れば把握できます。これまで、行ってきた調査の件数や地域などが掲載されているので、調査会社を選ぶときはしっかりと確認をしておきましょう。また、土壌汚染調査で汚染が見つかった場合は土地の浄化工事を行う必要があります。ですので、調査会社を選ぶときは、土壌汚染が見つかったときの対応にも着目しておきましょう。業者を選ぶときは、土地浄化工事のことも質問して確認してください。これは、自社で土地改良工事をしている会社もあるので、こちらを選択するという方法もあります。これらの点から、候補を挙げて土壌汚染調査の相談をしてみるといいでしょう。そして電話やメールで対応など質問をしてみて、わかりやすく回答してくれる会社を選んでください。そして、見積もりを受けて現地での説明と金額などから会社を判斷すると、納得して調査を依頼できる会社を見つけられることでしょう。

調査で分かること

土壌汚染調査はその土地の汚染の有無を判断する重要な調査である。地歴調査から行い、特定有害物質の種類の特定、土壌汚染リスク分類と試料採取実施区分選定、土壌などの試料測定を行い、汚染の有無の判断を行うのが一般的な流れである。

土地売却のリスクを下げる

土地の売却前に土壌汚染調査をしておけば、損害賠償や除去費用を請求される心配がなくなり、汚染のリスクを理由として売却価格が下がることもありません。調査には専門技術を要するため、実績のある業者に依頼することが大切です。

自主的に調査を行う利点

土地の活用を考えるのであれば、土壌汚染調査をしておくことをおすすめします。これにより、土地の正しい評価が行われ、資産価値があがったり、事前に浄化等の対策を取ることが可能になります。調査の結果は、決して浄化だけでなく、地下水を飲料に使用しない、農作物を作らないといった対策につなげることも出来るのです。